コロナアグリの農業へのこだわり
コロナアグリの農業へのこだわり

コロナアグリは
新潟県三条市、宮城県角田市で
未来の農業、そして未来の米づくりを
行っています。

土にこだわり、無農薬にこだわった米作りを通し、
環境や食文化、農業や地域の問題、未来の地球に対して
さまざまな取り組みを行っています。

生産地

土づくりへのこだわり

稲刈と同時に土作り開始です

稲刈と同時に土作り開始です

太い茎・白い根・おいしい米を育む土作りの要は秋。稲刈直前に田んぼごとの土壌を分析し、稲刈後すぐに必要なミネラルと発酵鶏糞を散布します。発酵微生物の力を使って稲わらを分解させ、春に備えます。


限界集落で農薬を使わないこめ作り

限界集落で農薬を使わない米作り

集落と田んぼがなくなると次のような機能が失われます。

  1. 保水
  2. 洪水防止
  3. 土砂崩壊防止
  4. 河川の安定
  5. 生物生態系保全
  6. 気候緩和
  7. 日本の原風景の保全
  8. 人口的自然環境保全
  9. 伝統文化の保全

コロナアグリでは田んぼを作り続けることでこれらの問題に取り組みます。


耕作放棄地を蘇らせる

耕作放棄地を蘇らせる

作付け前に土壌の鍵康診断を行います。耕作放棄地は深刻な栄養不足のためそのままでは健康な作物が育ちません。田んぼ1枚ごとに必要なミネラル資材をきちんと補い土作りをしています。

無農薬へのこだわり

アミックス

殺虫・殺菌剤は使いません

農薬の使用をできるだけ抑えています。田んぼ内の除草剤のみ、畦はすべて刈払機で雑草を刈っています。 除草には大変苦労しましたが、継続して取り組んだ結果、田んぼに「トロトロ層 」が 形成され、安定してりました。

環境にやさしい
循環型農業を行っています

化学肥料は一切使わず、有機肥料を使っています。
地域の食品ロスを発酵微生物で分解させたアミノ酸肥料アミックスを使用。
地元の資源を有効活用しております。

コロナアグリのとりくみ
コロナアグリのとりくみ
01

限界集落で無農薬米作り

雪が3m以上積もることもある三条市旧下田村遅場地域にて無農薬米を栽培しています。 限界集落の田んぼを守ることは地域の河川の安定や保水機能を保つなど重要な役割を担います.

限界集落で無農薬米作り
02

頼りになる地域の高齢者
アグリサポーターズ

地域の方々の協力なくして農業参入できません。コロナアグリでは第一線を退いた篤農家の方々から助けをお借りして、水まわりや草刈など広大な面積を管理するほか、若手スタッフの相談役や技の継承、地域の課題解決にお力を頂いております。

頼りになる地域の高齢者アグリサポーターズ
03

田んぼに生き物が帰ってくる

雪が3m以上積もることもある三条市旧下田村遅場地域にて無農薬米を栽培しています。 限界集落の田んぼを守ることは地域の河川の安定や保水機能を保つなど重要な役割を担います.

田んぼに生き物が帰ってくる
04

明日の農業を支える若手の育成

日本全国の農業就労者 平均年齢66.3歳、そのうち40歳未満は8.3万人足らず。コロナアグリでは若者の雇用を積極的に行い、次世代へ農業継承を進めます。

明日の農業を支える若手の育成
05

まだまだ増えます、耕作面積

震災後急速に離農が進む中、宮城復興を支援すべく積極的に農地を借り受け、水稲、大豆、大麦を生産しています。今なお「うちの田んぼもやってもらえないか?」と声をいただき、今後もますます増えそうです。

まだまだ増えます、耕作面積
06

角田名産 味噌

戦国時代、伊達政宗の戦陣食で有名になった仙台味噌。古くから角田では仙台味噌の大豆生産が推奨されました。コロナアグリ生産の大豆で味噌作り体験を通じ食育活動も行うほか、社員食堂にも導入予定。

お問い合わせ

 TEL.0256-45-7225 
 FAX.0256-45-7226